スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下智久で『あしたのジョー』を映画実写化

新闻存档

 


山ピーで「あしたのジョー」実写映画化(サンスポ)
山ピーがあしたのジョー、丹下は香川照之(日刊)
山Pで復活!「あしたのジョー」40年ぶり実写映画に…2011年公開(報知)
肉体美に期待?“立て!立つんだ山P!”(スポニチ)
山P主演「あしたのジョー」実写映画化(デイリー)
山Pで「あしたのジョー」映画化 丹下段平役は香川照之(中日)






翻译by Dorama迷 ←thx very much

山P,「明日之丈」真人电影

传说的人气漫画「明日之丈」事隔四十年后再次制成真人电影、由NEWS的山下智久(24)饰演主人公矢吹丈。本来就喜欢拳击的山下誓言「为了不负这部伟大的作品,我会尽自己的能力拼命去演的」,进人本格的训练。预定明年初春公映,由以「ピンポン」著名的曾利文彦監督(45)执导;训练丈成为拳击手的角色丹下段平,则由香川照之(44)饰演。
这部代表着昭和时代的不朽名作漫画,即将由平成的idol山P来挑战。

制作出「明日之丈」和「巨人之星」等等的故梶原一騎桑,以高森朝雄的名義写出了原作,同时由ちばてつや氏(71)作画;从1968年开始,在「週刊少年杂志」里进行了六年之久的连载。故事里,丈的宿敌力石徹死去的时候,甚至在社会上进行了角色的葬礼,变成了“社会現象”,是一部累计售出2000万部的超人气漫画。

以这部作品为蓝本,1970~71年在富士电视台,1980~81年在日本电视台发行了动画。1980年和1981年全国公映了动画电影。1970年,上映了俳优石橋正次(61)所主演的真人电影。

从五年前开始,TBS的伊與田英制作人(42)已经开始计划,制作这部时隔四十年的真人电影,他说制作的意图是「要让现代的年轻人看看,一个少年靠着自己的力量站起来的青春故事」。

山下本人喜欢拳击,从20岁开始就利用工作的余暇前往体育馆练习。因此,他跟丈这个角色系上了“宿命”的纽带。除了运动能力,他更在「CODE BLUE」等等「富士月9」中担任主演,拥有人气和演技;所以大约一年前获得制作人邀请,伊與田氏更断言「没有山下君,这个企划则不能成立」。

於上月中旬,制作团队进行了第一次的会面。当时,即兴地让山下进攻、演出段平的香川防守地进行了一段shadow boxing(拳击的模拟练习方式之一),让现场的工作人员先睹为快。伊與田氏说「现场响起了『啊啊~』的欢声,马上已经有模有样了」。

监督是广为人知的CG专门家、曾执导热门电影「ピンポン」(02年)的曾利文彦氏。这次,把演员的禸体表现跟CG糅合在一起,应该能够真实地表现出丈的绝技cross counter。

电影的故事将会以跟力石的决斗为高潮。段平所开设的体育馆为故事的主要舞台,并会在东京近郊设置一个5000平方米的拍摄场地。预定3月下旬开拍,明年初公映。期待能够一举KO以前的原作读者,以及尚未熟悉原作的年轻人!!

http://www.sanspo.com/geino/news/100308/gng1003080509000-n1.htm
中文翻译all by dorama迷

山P以“坚定的目光”主演明日之丈

本月7日报道,名作漫画「明日之丈」将会被拍成真人电影,主角(ジョー)决定由NEWS山下智久(24)担任。
原作者高森朝雄(梶原一騎),原画者ちばてつや所创作的「明日之丈」以拳击为主题,从1968年至1973年在週刊少年杂志上连载。总销量累计是2000万部。除了制作了动画剧和动画电影,还在1970年制作了真人电影。这个企划的监制,TBS的伊与田英徳制作人,说明了起用山下的理由:「不是他的话,则无法成立。把坚强的目光展现到极致,表现内心的强韧和角色魅力等等,都非山下君不可」。
 [2010年3月8日6時15分]












各紙の内容を要約すると……
監督はCGの専門家として知られ、映画「ピンポン」(02年)などを手掛けた曽利文彦氏。
プロデューサーはTBSの伊与田英徳プロデューサー(クロサギを担当)。
公開は東宝系。来年年明けから春までに公開される予定。

◆ 山下くんのコメント
「偉大な作品を傷つけないよう、今の自分にできることをすべて、一生懸命にやります!」

◆ 丈をプロボクサーに育てる丹下段平役、香川照之(44)さんについて
専門誌に連載を持つほど芸能界随一のボクシング通で「私生活で30年間を見守り続けていたのはこの役のためでは」と早くも役作りに余念がない。2月中旬の衣装合わせで、初めて対面した2人は、シャドーボクシングを披露するなど、本物の師弟関係のようだったという。

◆ 伊與田英徳プロデューサーのコメント
「山下さんなら肉体美も期待できる上、ジョーの持つ芯の強さとチャーミングな部分を兼ね備える」と説明。生身の迫力と、曽利監督が誇るCG技術を組み合わせて迫真の試合映像を作り出すとのこと。

◆ メインストーリー
昭和40年代の東京。すさんだ生活を送る矢吹丈(山下)は、丹下段平(香川)にボクサーセンスを見いだされるが、問題を起こし刑務所に。そこでプロボクサー力石と運命的に出会う。段平からの手紙でボクシングを学んだ丈は、所内の試合で力石と引き分ける。出所した2人はそれぞれの階級でプロとして成長、力石は世界戦を前に丈との対戦を望む。熱意はジムのオーナー白木葉子を動かし、対決が実現する。

作品のハイライトは、力石との壮絶な試合。ボクシングシーンに向けての準備も進行中。
今作ではジョーと段平の出会い、力石との壮絶な死闘が軸に描かれ、マンモス西、ヒロインの白木葉子らも登場。他のキャストは今後、発表される。3月下旬クランクイン予定。
今月下旬からはプロボクシングのトレーナーとしても実績を持つアクション・コーディネーターの下、本格的に練習を積み、4月からの撮影に臨む予定。
物語の舞台となった昭和40年代の東京都荒川区と台東区の境にある泪橋(なみだばし)周辺の街並みは、都内近郊に広大なロケセットをつくり再現される。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。